■ 
  1. ホーム > 
  2. コンセプト > 
  3. 感性の書 キャレモジ

感性の書 キャレモジ

植野文隆  キャレモジ オーナー/プロデューサー

キャレモジ 日本発の新アート

日本の伝統文化である書道は、私たちの生活が欧米化するにつれ、日常空間で目にすることがほとんどなくなってしまいました。
その伝統のDNAに、モダンでスタイリッシュな感性を加え、現代空間にフィットする新しい日本文化として蘇らせたい。
そんな思いから生まれた新しいコンセプトの "インテリアアート"。それが Carré MOJI(キャレモジ)です。
キャレモジの作品はすべて、優れた書家が感性豊かに創作したオリジナルの一点ものです。
さらに、文字や飾る場所に合わせたキャレモジ独自の額装を施し、トータルなデザインで仕上げられています。

書の上手さだけを競うのではなく、"飾ること" "眺めること" を目的に創り出される作品は、「視覚」と「文字の意味」の両面から見る人の感性を
刺激します。文字を通して、心の中に美しい風景・情景が広がっていく。それこそが、他のアートにはないキャレモジならではの魅力だと思います。
和のイメージが強かった墨の文化が、現代日本の感性やデザインと溶け合い、どんな空間にもフィットする日本の新しいインテリアアートとして
昇華したキャレモジ。欧米のアートにはない新しい日本文化として、皆様の大切な空間を彩るアートに加えていただければと願っています。


お部屋には何が掛かっていますか?

20年ほど前、アメリカ人の友人が日本に駐在することになりました。
都心のマンションのリビングに日本のアート「書」を飾りたいと思い、部屋にマッチするモダンな作品を探していました。
私も一緒に東京や京都、大阪のデパート・画廊などを探しまわったのですが、流通しているのは西欧風の絵画ばかり。
書はかろうじて一部の骨董品店で、古風な掛け軸や墨蹟などが少数見られただけでした。
友人は「日本人は、自分の部屋に日本のものをどうして飾らないの?」と、日本のインテリア事情を大変不思議がっていたものです。

ところで、皆様のお宅やオフィスではインテリアとしてどんなアートを飾っていますか?
油絵、リトグラフ、写真、ポスター・・・などでしょうか?
どれも元来、欧米から入ってきたものばかりですね。
日本のオリジナルアートは、現代の生活や空間からかけ離れた遠い存在になってしまったようです。
海外に旅したり、生活したりすると、日本から発信され、世界で評価されている文化を目にするチャンスが多く、日本人として大変誇らしく思います。
しかし、よく見てみますと「日本オリジナルの文化」で、世界の人々の日常や現代生活に普遍的に溶け込んでいるものはほとんどないといっても
過言ではありません。今、日本文化で世界に知られているものは、アニメやゲーム、ファッションのように、元々欧米の文化であったものを
日本流に創意工夫して再輸出しているものばかり。

世界のグローバルスタンダードとなっている "日本生まれの文化" が見当たらないのはとても残念なことです。
歌舞伎や能、浮世絵、陶磁器など日本古来の文化や伝統芸能の人気も高いものがありますが、その特別感や貴重さが愛好家の方々に
ジャポネスクとして評価されてはいても、決して普遍的な文化としては受け入れられていないのではないでしょうか。
日本には、「書」をはじめとして、世界に誇る芸術が多数存在しています。
しかし、私たちの生活がモダンになり、日本風の家屋が減少するにつれ、日本のアートは現代社会から遊離し、
生活空間での役割は目に見えないほど小さくなってしまいました。

それでは、日本古来の文化は、現代の住空間や建物とは調和しないものなのでしょうか?
いいえ、素晴らしい魅力を持った日本文化ですから、新しい時代の息吹を吸収し昇華していけば、
今までにない新鮮なインパクトと価値を持つ新しい文化になり得るはずです。
そのひとつが「飾りたくなる書 ─ キャレモジ」です。

この新しいインテリアアートが、皆様の日常空間はもちろん、日本発グローバルスタンダードの文化として、
世界のさまざまな空間に普遍的に飾っていただける日が来ることを私たちは願っています。


「新しい書」 キャレモジの原点

私の生まれた町は、遠い昔、平安時代に、紀貫之(きのつらゆき)が土佐の国司として赴任し、「土佐日記」を記したところです。
家の前には、貫之が舟で乗り入れた舟入川(ふないれがわ)が流れていました。
紀貫之は、書家としても大変有名で、たくさんの作品が残っています。
高知は自由な風土のお国柄で、坂本竜馬、板垣退助、岩崎弥太郎、吉田茂等々豪快な偉人を輩出した県として有名ですが、
実は書家としても、川谷横雲(かわたにおううん)・尚亭(しょうてい)の兄弟や手島右卿(てしまゆうけい)のような
日本の近代書道の確立に努めた多くの名筆も出しています。

そのせいか大変書が盛んで、私も小さいころから書道を習っていましたが、あくまでも自由奔放にのんびり楽しく作品制作をしていました。
今のキャレモジに通ずるような作品を創り、グループ展や個展を開いたりし、最年少で中央の展覧会(書道芸術院)に入選した
「薪(たきぎ)」という作品も、今でいうキャレモジでした。
私の作品は主に一文字で、その作品にいちばんマッチしたフレームを調達してきて、美術の要素を取り入れて額装をデザインし、
自分なりにその作品の風景が最も広がる作品創りに没頭していました。

漢字は元来象形文字ですので、文字そのものが絵に通じる風景や情景を内包しています。
高知の豊かな自然を題材に、風景をイメージしやすかったこともプラスであったかと思います。
後に上京して大学を卒業するまで、四季や自然、感情を表す文字を題材に多くの作品を創り、
飾っていただいたり、インテリアとして販売したり・・・。
今から思い返すと、私のキャレモジの原点は 学生時代にあったようです。
その後、時を経て、英仏米と十数年の外国生活で痛感したことのひとつが、墨の新鮮さ、書の斬新さでした。
東洋人は、墨・書は古いもの、現代空間にはそぐわないものという先入観念を持っていますが、
欧米人にとっては 最もクールな素材でありアートだったのです。

実業界に入ったとき、書の活動から離れ、外国滞在中は筆を持つことも稀になっていましたが、現地の友人たちからの
要望に応えて、キャレモジを制作して家やオフィスに飾っていただくと、不思議なほどぴったり。
シンプル・モダンなイタリアや北欧調の空間のみならず、英仏の華飾的な家具やアジアン調の部屋にも
絶妙にマッチして、これほど素晴らしい日本発のインテリアアートはないとまでいわれたこともありました。
ところが、帰国後、先述のアメリカ人の友人の依頼で モダンなインテリア書の作品を探して東京中、
いや日本中を訪ねまわっても、どこにも見当たらなかったのです。

日本人としての血が騒ぎました。もっと楽しくもっと身近に「飾りたくなる書」をプロデュースし、発信したいと。


キャレモジ書家はアーティスト

キャレモジが目指すのは、書道を超越したインテリアアートとしての価値です。
キャレモジのクリエーターは、一流書家であるのみならず、キャレモジ作品を構成する基本要素である
「書道としての完成度」と「デザイン性・感性の高さ」の二つの才能を併せもったアーティストといえるかと思います。
現在13名の書家が所属・登録をしていますが、キャレモジの書家を依頼したり、発掘する過程で、
書道の実力と高い感性を併せもった書家が思いのほか少なかったことは、大きな驚きでした。
「書家は字が上手いはず」「書家は創造力が豊かなはず」がどうも少し違うのです。

日本では、小さいときにお習字教室に通った、段を取った、師範の免許をもっている等々、筆を持った経験がある方が数多くいます。
書道には国家試験がありませんので、所属する団体や組織ごとにさまざまな資格を決めてその免状を授与しており、
先生と呼ばれている方々の実力も千種万葉です。その共通する仕組みは 展覧会を頂点として先生の手本や意向が重視されますので、
残念ながら、キャレモジの大切な要素である「書線の深み(線の極まり)」は甘くなり、「個性」は埋没してしまいがちのようです。

質の高い書のインテリアアートを創り上げるのは、プロの書家でも簡単なことではなかったのです。
ますますキャレモジを発信する重要性を痛感しました。
半紙1枚の作品を書くには、多くの時間は要しませんが、何枚も何十枚も何百枚も書き重ねて作品1点を創り上げていきます。
それに加えて、その作品には、書家としての数十年の研鑽と人間性や世界観も凝縮されています。
書線は書き手のすべてを語ります。
そのときの心の動きや身体の調子までも・・・。

キャレモジは、才能溢れる書家が、「もっと楽しく もっと自由に」と創り上げた作品群です。
だからこそ、皆様の心に美しい風景・情景が自然に広がってくるのです。


世界で一つだけのインテリア

世は静かな書道ブーム。十把一絡げに書道といっても、古典も前衛もパフォーマンスも、ロゴや看板やさまざまな
商業書道まで多種多様。書家のみならず、デザイナーやクリエーター、画家などいろいろなアーティストが参入しています。
書道という分野が改めて脚光を浴びているのは大変嬉しいことです。

そのなかで、墨の心地良さをさまざまな現代空間で薫り立たせるキャレモジは、従来のどのジャンルの書道をも超えた
全く新しいコンセプトのインテリアアートです。
「書道としての完成度」と「デザイン性・感性の高さ」を基本に、「インテリアとして最大の価値を引き出す額装」が
付加されたキャレモジの作品は、次のようなコンセプトで裏打ちされています。

皆様が日常で目にするいろいろな書道や筆文字は、制作者の個性を前面に打ち出し、見る人の視覚に焼き付ける
足し算主体で制作されたものが大半です。お酒のラベルや番組のタイトル、お店の看板から展覧会で入選を狙う作品まで、
短時間で認知されることが必要ですので、目立つことに意味があります。
一方、長く楽しめるインテリアとしての価値を追求するキャレモジは、書の線の奥深さや表現方法、構成、
余白の使い方などによる引き算の要素を加え、足し算と引き算の絶妙な調和を兼ね備えたアートといえます。
作品が目立つことよりも飾る方の心の充足感を重視しています。

そのコンセプトの中心になっているのは、「主役はその空間とそこにいる人」だということ。
飾ることにより、いつもの空間が和み癒され、そこにいる方が楽しく、心地良く、元気になるような、
圧迫感がなく、飽きのこないインテリアを目指しています。
描き手(書き手)を主役とする通常の絵画・書画とは、スタンスが異なるのです。
一流書家が「引き算の要素」を具現化し、「主役はその空間とそこにいる人」を前提にして創った
作品だからこそ、世界で唯ひとつのインテリア書としての魅力を感じていただけるのだと思います。

キャレモジが普遍的な価値を追求するといっても、空間の発展、デザインの進化は大変速いものがあります。
また、飾っていただく方の生活の進化(深化)も重要な要素です。
時代の最先端をいくインテリアアートとしてのキャレモジは、どの時代においても飾る方の心の満足度を
十分得られるよう、日々進化の努力を続けています。


植野文隆  キャレモジ オーナー/プロデューサー


» 戻る