キャレモジスクール




  お問合せ・お申込み

メール moji@carremoji.jp
電話 03-5766-7120
10:00-18:00
(日曜・月曜 定休日)


キャレモジ公式サイト キャレモジ公式ブログ
キャレモジ公式フェイスブック キャレモジ公式ピンタレスト
ニュース

2016 インテリア書道 スクール展 開催

スクール展

第13回 スクール展を キャレモジ ギャラリー で開催します。
インテリア書道スクールにお通いいただいている、生徒様の作品が多数展示されます。
お誘い合わせの上、是非ご来場ください。


▲Top


キャレモジ書道スクール Facebook 開始!

キャレモジ書道スクール

最新情報を随時、配信しております!
「いいね!」をお願い致します。


▲Top


TBSテレビ 「 王様のブランチ 」で放送されました!

王様のブランチ

毎週土曜日に放送されている情報ワイド・バラエティ番組 「 王様のブランチ 」 でキャレモジが放送されました。


▲Top


モダンリビングに掲載されました。

モジリビング

1951年創刊、家とインテリアのラグジュアリー住宅誌「 MODERN LIVING モダンリビング 」(ハースト婦人画報社発行)にキャレモジが掲載されました。


▲Top


ムック本 『 書を知る3 』に掲載されました。

書を知る3

ムック本 『 書を知る3 』(三栄書房)にキャレモジが
「 アート書道を知る 」として、6ページにわたり掲載されています。


▲Top


『 美文字女子の書道入門 』を監修しました!

美文字女子の書道入門

正しい姿勢・筆の持ち方など書道の基本から丁寧に解説した、『 美文字女子の書道入門 』(竢o版社)を かなスクール講師: 上野清美先生 と キャレモジ が、約60ページ 監修しました。


▲Top


宮村弦先生が、フジフイルムの2015 年賀状を担当

2015フジフイルム年賀状

2014年に続き、2015年 フジフイルム 年賀状に インテリア書道スクール講師: 宮村弦先生 の「 福寿 」「 Sheep 」が、有名書道家シリーズとして掲載されました。


▲Top


横山円先生が、角川学芸出版の2015 年賀状素材集を担当

角川学芸出版2015年賀状素材集

創刊60年の角川学芸出版の月刊誌「 俳句 」「 短歌 」の 2015 年賀状素材集を、墨絵スクール講師: 横山円先生 が担当しました。


▲Top


ムック本 『 書を知る2 』を かなスクール講師: 上野清美先生 が担当

書を知る2

ムック本 『 書を知る2 』(三栄書房)で、かなスクール講師: 上野清美先生 と キャレモジが「 かな書道を習う 」として、11ページにわたり掲載されています。


▲Top


カッシーナにてワークショップ開催

カッシーナ

高級輸入家具 カッシーナ・イクスシー で、「書」のある暮らしをテーマに「書」の展示会を開催。その展示会にちなんで、インテリアとして飾るおもてなしの「書」のワークショップを インテリア書道スクール講師: 清水恵先生 が担当しました。


▲Top


『 おとなのOFF 』を 清水恵先生 が担当

おとなのOFF

『 日経 おとなのOFF 』 にキャレモジが、6ページ掲載されました。掲載号の特集は、「 漢字に親しむ 」。この中で インテリア書道スクール講師: 清水恵先生が、「 漢字をアートにする書道 」 というコーナーで、そのコツを3ページにわたり伝授しています。また、キャレモジ作品が3ページにわたり紹介されています。


▲Top


日本郵便 2011年、2012年の題字を担当

しんねんことば

日本郵便の年賀特設サイト「 郵便年賀.jp 」の2011年、2012年版の題字をキャレモジ講師陣が、担当しました!


▲Top


キャレモジスクールが紹介された 主なメディア

メディア

キャレモジスクールが、テレビ・雑誌・新聞で紹介された メディアの一覧


▲Top


メルマガ会員 募集中

メルマガ

キャレモジではイベント等のご案内をメールでも配信しております。
ぜひこの機会にメルマガ会員様としてご登録くださいませ。

― キャレモジ メールマガジン ―
□ 配信頻度 : 約1回 / 2ヶ月
□ 内容       : イベント情報、その他、最新キャレモジ情報
□ 登録方法 : 左アイコン 「 メルマガ登録 » こちらから 」 をクリック
   して、[ お名前 ] ・ [ お住まいの都道府県 ] をメールでご連絡ください。
※いただいたメールのアドレスを登録いたします。
※お客様よりお預かりした個人情報につきましては、キャレモジ メルマガ
   配信の取り扱い業務範囲内でのみ使用させていただきます。


▲Top