宮村弦 Miyamura Gen

プロフィール


新潟大学大学院教育学研究科書道専修 修了。
毎日書道展の毎日賞をはじめ主要展覧会で数々の受賞歴を誇る。
若手書家の中で傑出した実力を発揮し、創り出す七色の線質の作品は、
モダンな作品から英文、大字書、グラフィックまで、数多くの作品実績を誇る。
最高質のデザイン力と筆力を兼ね備え、新しい時代を代表するクリエーターとして、
マスコミで脚光を浴びている。作品の数々は、AMAN Tokyo をはじめ、高級ホテルや
商業施設の空間を飾っている。博報堂の情報誌『 広告 』の世代別
アーティストマップでは、戦後を代表する3人の書家の一人に挙げられている。
毎日書道会会員所属。


略歴


1980年 静岡県生まれ
2002年 新潟大学大学院 教育学研究科 教科教育専攻 美術教育(書道)専修 修了
2004年 宮村弦 書展 / グランシップ静岡 & 浜名湖花博「花の美術館」
2008年 ドイツ ベルリンエキシビジョン「 Dual City Sessions 2008 」作品提供
2010年 GEN MIYAMURA NEW WORKS 2010 / SferaExhibiton京都 & SferaShop東京
    宮村弦 イメージラング ? 未解文字の蠱惑 ? / CCC 静岡
2011年 新宿伊勢丹の1階ステージとショウウインドウのアートを制作
    横浜赤レンガ倉庫・20 -次元を超えて- / 横浜赤レンガ倉庫
    読売新聞社主催 日本橋,大阪,京都の高島屋で行われた21世期の

    現代アートを担う31人展の題字を制作

2012年 宮村弦個展「 IMAGE LANGUE : linear code 」 / ICN gallery (ロンドン)
    アートに見る「 ミーム 」 - 書・版画・日本画に見る

    伝統、技術、現代性の探求- / 渋谷ヒカリエ


主な作品提供


・ホテル「 アマン東京 」のスイートルーム・ラージルームのアート
・新宿伊勢丹 2011年正月ステージ&ショウウインドウのアート提供
・読売新聞社主催 高島屋21世紀の現代アートを担う31人展題字
・資生堂グローバルブランド「 SHISEIDO 」2017 広告の
 キービジュアル
・「 CHRISTIAN DADA 」2018年春夏コレクションのモチーフ
・パリ発フレグランスブランド「 DIPTYQUE 」のshopアート
・資生堂 2018 年賀用のコーポレートビジュアル
・SEIKO - Presage のキービジュアル
・神田明神「 明神会館 」ロゴ
・レクサス ショールーム


宮村弦の作品を見る >


宮村弦作品画像